\消費者金融おすすめ1位/

トップページ

「急にお金が必要に」
「給料日前に財布がピンチ」

当サイトでは今日すぐにお金を借りたい!でも審査が不安という方に、銀行融資と比べて利用しやすいと評判の安心大手の消費者金融をご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融ランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」とお考えの方へ。Webからの申し込みなら、誰にもバレずに気付かれずにお金を借りることができます。消費者金融の全国の一覧をまとめたので、そちらと比較してお選び頂くと安心です。

消費者金融の基礎知識コラム

消費者金融のカードローン審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。
過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。
また、総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。
一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。



銀行と消費者金融の違いは業務内容です。


銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行法とは異なります。貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。



そのため、専業主婦などは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。


その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制がありません。
専業主婦の方でも利用することができます。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。


昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。



そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。
レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。
引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。
カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。



一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。


メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス

今すぐ内緒で簡易審査↓